WSI DAILY 2014/6/30


WSI daily 2014/6/30

★イラクにスホーイ製航空機訓練要員が到着

イラクのアッバス・アリバヤチ安全保障・国防委員長は、ISIL(イラク・レバント・イスラム国)に対抗するためにロシアから緊急導入したスホーイ製航空機がイラク各地の空港に到着し、続いて訓練要員がイラク入りしたことを明らかにした。

戦闘機の種類は明らかで無いが、映像ではSu-25攻撃機が映っている。

一方、ベラルーシ国防省は、同国のSu-30Kがイラクに今日とされるとの噂を否定した

 

★ロシア空軍とSu-35S戦闘機の第2バッジを契約?

ロシアの統一航空機製造会社(OAK)のミハイロフ軍事プログラム部門部長(元空軍総司令官)は、ロシア空軍とSu-35S戦闘機の第2バッジ契約があり得るとの見解を示した。

Su-35Sは2009年の契約に従って2015年までに48機を納入することになっているが、第2バッジはそれよりも多く、56-64機になるとミハイロフ氏は述べている。

 

米国との対テロ協力再開の用意あり ラブロフ外相

ロシアのラヴロフ外相は27日、米国との対テロ協力を再開する用意があると発言した。

同外相はこれまでの二国間対テロ協力を「効果的なもの」として評価し、米国に再開を提案する意向を示している。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です